PREXスタッフのコラム
最新のコラム |  アーカイブ  |  RSS |  RDF
最新のコラム

外国人社員の人材育成情報

★PREXベトナム人リーダー育成研修2019

日本企業で働くベトナム人社員が、現地拠点の運営管理や、現場のリーダーとしての役割を担えるよう、外国人の社員には理解しにくい日本企業の経営の根底にある考え方について学べる研修です。

対 象:企業のベトナム拠点等の管理者、管理者候補のベトナム人社員
使用言語:ベトナム語
日 程:2019年9月3日~27日のうち10日間
会 場:PREX会議室ほか

詳しくはPREXのホームページをご覧ください。
問い合わせ先:瀬戸口、小林

★AOTS関西研修センターからのご案内

AOTS関西研修センターでは、外国人社員向けの日本語研修を開講します。

1. ビジネス日本語( 土曜AM)中級者向け
日程:1/19~3/23
2. ビギナーズ日本語(平日毎日)初級者向け
日程:1/16~2/26 or 2/15~3/28

詳しくはAOTSのホームページもしくは下記まで。
問い合せ先:杉山
TEL:03-3888-8250
E-mail: thank.jltc-be@aots.jp


ナイジェリアのPREX帰国研修員、 日本での学びを報告

PREX帰国研修員のナイジェリア輸出促進局のジョイ・イグウェ・イトド氏が、8月29日、ナイジェリアで開催されたイベントで日本で学んだことを報告しました。
ジョイ氏は、JICA「2018年度先進国市場を対象にした輸出振興/マーケティング戦略(A)」に参加。自国の「ごま」の6次産業化をめざして、積極的に活動しています。


スリランカのPREX帰国研修員、大阪商工会議所ビジネスセミナーで講演。

スリランカ投資庁・事務局長プラサンジット・ウィジェティラカ氏が、11月5日、スリランカでのビジネス機会について講演しました。同国はインド、パキスタン、シンガポールとの自由貿易協定(FTA)を締結しており、現在、中国との間でもFTA締結交渉を進めています。プラサンジット氏をはじめ、投資庁の事務局やJICA投資促進アドバイザーなど日本企業誘致チームが同国への進出をサポートしてくれます。プラサンジット氏は、JICA「2016年度投資促進のためのキャパシティディベロップメント研修(A)」に参加。大商でのセミナーでは、研修で学んだことを活かして発表してくれていました。(PREX奥村)


モンゴル企業とのビジネスに 関心のある皆さんへ

「JICA日本センタービジネス実務研修(モンゴル)」で、9月10日、モンゴル企業に関心のある日本企業の皆さんを対象にモンゴルビジネスセミナー&企業マッチングを行いました。その中から飲食店用暖房機器とカシミア製品の製造販売の会社を紹介します。

企業名:Chiglel Co., Ltd
参加者名:ツェグメド・ボムツェンド氏

社歴28年。スープ製造機やフライヤーなどを含む、飲食店用暖房機器全般を扱っています。モンゴルでは同業他社は存在せず、28年間独占的に販売しているそうです。日本で販売されている同様の商品が、3分の1~5分の1の価格で手に入るかもしれません・・・。
HP:www.chiglel.mn/

企業名:Goyo LLC
参加者名:ガルバドラフ・ゲレルマー氏

モンゴルで2番目に大きいカシミア製品の会社です。昨年、デザイン面で最大手企業よりも高い評価を得て、スペイン生まれのブランド“Sybilla(シビラ)”ともコラボレーション!デザイン性の高い商品を製造販売しています。
HP:www.goyo-cashmere.com/

※モンゴル日本センターのウェブサイトで、モンゴルでのビジネスに役立つ情報を随時発信しています!関心のある方は、是非ご覧ください。
mongol-japan-center.tumblr.com/


ウクライナのメディアが、 カイゼン研修を取材。

PREX山内、ユーリアさん、皆川先生

昨年度に続いてウクライナのヴィーンヌィツャ商工会議所の協力を得て現地でのカイゼン研修を開催しました(9月21~24日)。講師は、大阪工業大学の皆川健多郎教授です。研修中には、地元のラジオとテレビ局の取材が入り、皆川先生がウクライナのメディアにデビューされました!
現地企業の事例紹介では2年前、訪日研修に参加したユーリアさんが発表しました。同じ訪日研修に参加したヴィーンヌィツャ商工会議所職員のラリーサさんの呼び掛けで、この日の発表のために寝台列車で15時間(!)かけて来てくれたそうです。今でも研修員同士の繋がりが続いていて嬉しい一幕でした。(PREX山内)