PREXスタッフのコラム
最新のコラム |  アーカイブ  |  RSS |  RDF
最新のコラム

カレーの話

インドのカレー。何種類ものカレーとナンをいただきました。

ご飯、ご飯、ご飯! 出張に行くととにかく日本以外のご飯に興味津々。バングラデシュとインドが目的地だったため、毎日「カレーの日々かなぁ」とドキドキ。結論からいうと、当たり前ですが、カレー以外のものも沢山ありました。それ以外のイタリアンとか、そういったレストランもあるのでした(当然か‥)。とはいえ、基本はやはりバングラデシュ料理、インド料理。香辛料が効いていて、辛いというか、香りの強いものがたくさん。そして、ごはんのあとにはクミンをもぐもぐ。口をさっぱりさせるそうな。飽きるかな~と思いきや、辛くないもの、さっぱりした料理もあり、結構バラエティーにとんでました。美味しかったのがソルティーラッシー(ヨーグルトのラッシーにお砂糖じゃなくて、塩を入れます)。辛~い料理を食べた後に口がさっぱりします。 香辛料を使って料理するのはむずかしいので、たんまりインスタントの材料を買い込んで帰ってきました。

(国際交流部 関野)


アクシデントを乗り越えて

2011年度の中米カリブ地域・日本貿易振興研修では、研修員が自国産品を日本最大の食品見本市であるフーデックス・ジャパンに出品し、来場のバイヤーたちと商談を展開しました。
(3カ年かけて実現したPREX初の試みでした)
ビジネスの商談にいたるプロセスでは様々なアクシデントに見舞われました。このままだと見本市の期日までに商品が日本に届かない! 商品が間違えてヨーロッパへ行っちゃった! 試飲用のコップはどこで買えばいいの? えっ~、出展国の大使が突然来場! 届いた商品の半分が傷んで使えない! えっ~、私(公的機関研修員)が接客!! 本当にいろいろなことがありました。急遽日曜日返上で、研修員と局員、通訳さんが成田空港まで行って商品を通関して、出展直前にハンドキャリーで持ち帰るという綱渡りまであり、それだけに商談までこぎつけた時の感動はひとしおでした。

(国際交流部 浜口)


ベトナムでニーズの高い浄化槽メーカーを訪問

クボタの滋賀工場内に置かれた大型の合併処理浄化槽を見学する研修員。

今回の研修では、浄化槽のメーカーであり、実際にベトナムに浄化槽を販売しているクボタの滋賀工場を訪問させていただいた。今回の研修では、自治体訪問、講義、発表等が中心のため、クボタが唯一の製造工場の見学でした。ベトナムでは、工場排水の処理を含めて浄化槽のニーズが極めて高いため、クボタで紹介していただいた小型のものから大型に至るまでの浄化槽、合併処理浄化槽には大変関心が深く、工場見学後の質疑応答では大幅に予定時間をオーバーして、昼食の時間がなくなってしまうこともありました。

(事務局次長兼国際交流部長 尾上)


「中小企業総合展2012 in Kansai」に参加しました。

「近畿地域中小企業海外展開支援会議」のブース

5/30~6/1にインテックス大阪で開催された「中小企業総合展2012 in Kansai」に参加しました。まずは、日頃研修事業にご協力いただいている企業様を訪問しご挨拶、そして、タイ、ベトナム等の海外機関のブースを回りました。 海外展開支援のコーナーに設けられた近畿経済産業局の「近畿地域中小企業海外展開支援会議」ブースでは、研修事業を通じたPREXの海外展開支援をパンフレットでPRしました。日頃お世話になっている中小企業や支援機関の方々、活躍している帰国研修員との交流を深めると同時に、今後の事業展開に役立つ多くの情報や出会いがありました。


(国際交流部 森本)


マイ昼ごはん!取材いただきました。

大阪と言えば、うどん!読売新聞様に取材いただきました。

太平洋人材交流センターが上本町に引っ越して4か月立ちました。
新しい環境で気分一新、仕事もはかどりますが、仕事の次に気になるのはやはり昼ごはんです。
この界隈は安くて美味しいお店が多いのですが、美味しさのの筆頭はV隆慎(ブイタカシン)という饂飩屋さんです。局内では藤田専務理事御用達までなった超人気店です。なかなか噛みくだせない、硬麺ならず剛麺です。

PREXの取材でいつもお世話になっている読売新聞さんから、お昼のスポットの紹介をお願いされ、真っ先に推薦しました。記者さんと広報担当とでV隆慎さんをお邪魔し、店のご主人と私のインタビューがありました。ご主人は昭和の時代に親しまれた小麦を殻ごとする潰した石臼挽きにこだわっておられます。小麦そのものの味が味わえる名店です。もちろん、毎朝その日の分だけ饂飩を打って提供されます。
私たちが受け入れている研修員たちも大阪の粉物は大好きですから、今度連れて行きたいと思っています。

取材の結果は、6月下旬読売新聞夕刊の「まい昼ごはん」に掲載されます。是非ご覧ください。
 

(国際交流部 浜口)