PREXスタッフのコラム
最新のコラム |  アーカイブ  |  RSS |  RDF
最新のコラム

広島県の熊野町で日本の筆産業に学ぶ


  

広島県の熊野町は、全国でも珍しい筆産業に従事する町です。
その中で伝統ある老舗企業があることを知り、11月22日、「中小企業振興のための金融・技術支援(B)コース」で、訪問させていただきました。同社では、筆のサンプルを見せていただき、研修員は筆についての理解を深め、140年企業の広島筆産業の経営の軌跡、今後の生き残り策について学びました。社長は、銀行でニューヨークに勤務されていたご経験もあり、英語でのご講義に研修員も親近感を持ち、活発に質問していました。
(国際交流部 森)
  
 

社長が語る「グローバル人材」とは~ワンワールドフェスティバルに参加


  
 2月4日、ワンワールドフェスティバルで講義いただいた(株)中央電機計器製作所畑野社長。
  
 学生、先生、経営者、シニア、50名の定員を超える方々に熱心に聴講いただいた。


PREXは、2月4日、5日、大阪国際交流センターで開催されたワンワールドフェスティバルに参加しました。
今回は、「ビジネスを通じた世界への貢献」というテーマで(株)中央電機計器製作所畑野社長様にグローバル人材についてお話しいただくプログラム企画に初チャレンジしました。
当日は、50名の定員を大幅に超える学生や経営者、先生方にご参加いただくことができ、聴講者の真剣な姿勢や、質問内容にも本テーマへの関心の高さを実感しました。
「他で聞くことのできない人間味あふれる社長の話を聞くことができました」
「どうしたら畑野社長のように誰とでもハグができるのですか」
「グローバル人材とは、どういう人材だと思いますか」等々の感想や質問をいただきました。
畑野社長には、これまでのご経験から「飛行機の中でも、会議でも隣に座った人とは必ず話しかけ名刺交換する。どこの国の人ともハグすることで、意気投合する。気持ちを通じ合わせることがビジネスにつながった」とお話しいただきました。
ワンワールドフェスティバルには、国際協力への関心の高い、前向きな若い方が多く参加し、私自身毎回刺激を受けています。今回のセミナーでは、学生のお二人が、セミナー後に、畑野社長にお話を聞くために控室についてこられるほどの熱心でした。
PREXの研修事業では、多くの企業の経営者の方々に、途上国の研修員に向けて講義していただいていますが、今回のように、これからの日本を担う若い方にも「社長からのメッセージ」を聞いていただく機会を作れたらと思います。

2月4日、5日にブース出展したワンワールドフェスティバルの様子を現在、試行中のフェイスブックに紹介いたしました。ご覧ください。 http://www.facebook.com/media/set/set=a.326980340677543.74791.279057022136542&type=1
(広報担当 西本) 

  
 ワンワールドフェスティバルには毎年17,000人もの方が来場します。
  
 PREXのブースにも国際協力に関心のある学生の方々に訪問いただきました。

PREX大阪国際交流センターに移転しました。



「太平洋人材交流センターは、1月23日から、天王寺の大阪国際交流センター内に移転しました。
大阪国際交流センターでは、市民に向けた国際交流イベントのお知らせなど積極的に行っています。
1階のインフォメーションセンターでは
国際交流活動のための情報や海外から来られた方が大阪で快適に過ごすための情報など多言語で案内しています。
毎日200名もの方が利用されているそうです。新聞や雑誌も充実しています。

大阪国際交流センターにお越しの際には、2階のPREX事務所にもお立ち寄りください。

大阪国際交流センター機関紙「アイハウスニュース」2・3月号では、PREX入居の記事が掲載されました。こちらからご覧ください。
http://www.ih-osaka.or.jp/news/20120202_2283/
(広報担当 西本)

来年もよろしくお願いします。

太平洋人材交流センターは、来年1月から3月にかけて、14件の研修・交流事業の実施を予定しています。
1月には、大阪国際交流センター内への事務所移転、2月にワンワールドフェスティバル、PREXシンポジウムもあります。来年も、事務局一同、よろしくお願いいたします。 

   
 忘年会で一致団結するPREXスタッフ
 
(広報担当 西本)

アジアの省エネ推進のために~関西の省エネ技術を紹介~

  
 12月1日、関西の省エネ技術・製品を持つ企業6社との意見交換会の様子

「省エネに関する企業と行政の取り組み」研修の終盤にあたる12月1日、近畿経済産業局および関西経済連合会のご協力のもと、関西の省エネ技術・製品を持つ企業6社との意見交換会を実施しました。
研修は、自国における省エネの更なる推進に必要なノウハウ、技術などを学ぶことを目的として、カザフスタン、中国、スリランカの3カ国で省エネルギー政策の推進に携わる行政官や関連機関の職員など5名が参加しました。
意見交換会では、まず研修参加者から関西に集積する省エネ関連企業の皆さんに、自国の省エネ推進状況や課題、また日本の企業に期待する点などを紹介した後、企業の皆さんからは各社の製品の特徴などを紹介してもらいました。
プレゼンテーション終了後には、参加者間での名刺交換・個別の情報交換も行い、今後も連絡を取り合える関係づくりの場となりました。
関西にある技術や製品が、途上国の課題解決に役立つきっかけを研修の中で提供することもPREXの役割の一つだと感じました。
 
(国際交流部 瀬戸口)