PREXスタッフのコラム
最新のコラム |  アーカイブ  |  RSS |  RDF
最新のコラム

ベトナム行政官と関西企業との交流会を実施


  

2月28日から2回にわたって実施した「JICAベトナム都市整備システム(上下水道)の構築上級行政官研修」(関係機関:関経連)では、関経連の会員企業3社による技術紹介、研修員による質疑および企業と研修員が直接対話できる交流会のプログラムを2回実施しました。(3/8、22) 関西には水関係の技術を保有し、ベトナムを含む東南アジアへのビジネス展開を目指す企業が多くあります。本交流会への関心は高く日本側計28名の参加を得ました。ベトナム側は、中央及び地方政府の上級行政官計44名で日本企業のトンネルの掘削技術、下水処理技術、水質測定技術、止水技術等に関心が高く、活発な討議が行われました。今回の交流は、関西の水関係企業のベトナムでの事業拡大の契機となることが期待できる結果となりました。

(事務局次長・総務部長 尾上)
  
 

よろしくお願いします

[ 着 任 ] 浅沼 省吾…国際交流部 担当部長
2012年3月16日付/パナソニック(株)より出向

これまでは、公共・企業向の大型映像および業務用システムの営業や資材調達、情報システム、物流部門での企画・CSR等の仕事に携わってまいりました。担当業務を通じて多くのお客様や仕入れ先・パートナーの皆様と接することができましたが、これからPREXで海外の皆様への研修の企画や運営を通じ、新たな出会いと交流の機会が持てるのではないかとワクワクしています。どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました

[ 退 任 ] 竹澤 嘉雄…国際交流部 担当部長
2012年3月末付出向期間満了/パナソニック(株)より出向

2009年11月に着任し2年半、11件の訪日研修を担当させていただき137名の研修員と知り合うことができました。研修員のニーズに応える研修プログラムの構築には苦労もありましたが、全てが楽しい思い出です。また、研修を通じて数多くの中小企業の経営幹部、コンサルタント、大学の教授、JICA国際協力専門員と出会えたことは、私にとって新鮮な学びの連続であり、大変貴重な経験でした。途上国の人材育成支援に携わるPREXのような組織・活動が更に生成発展していくことを切に祈念いたします。どうもありがとうございました。

ありがとうございました

[ 退 職 ] 西阪 三友紀…国際交流部 コースプランナー

2008年4月の入局以来、4年間にわたりご指導、ご鞭撻いただきました皆様に、心より御礼申し上げます。企業経営、生産性向上、地域産業振興、中小企業振興等、携わったテーマは多岐にわたり、関係国は40カ国を超えました。それぞれに目標、内容、状況に違いがあり、その都度、講師、企業、研修員の皆様と相談させていただきながら、目標に向かって進む毎日が刺激的で貴重なものでした。特に、未熟な私に多くのことを教えてくださいました、企業、講師の皆様に感謝の思いでいっぱいです。これまで皆様に教わった数多くのことを胸に、これからはスポーツを通じた人的交流のフィールドで努力していく所存です。

インターンシップを体験して

セルビアの研修員とイズミヤでスーパーを見学。右端がデービッドさん。

インターンシップ中に多くの方に「PREXでインターンシップをして、一番楽しいことは何ですか」と聞かれましたが、私は毎回、迷うことなく研修員の方々との交流だ、と答えました。ここ一カ月間、10カ国以上の人々と触れ合うチャンスを得ることができ、とても嬉しく思っています。中央アジア研修、中米貿易の研修などに参加することで得られた世界中の国の人々との交流の経験は、大変貴重なものでした。

訪問先では、研修員とともに会社のトップの方から、新入社員に至るまで多くの方からいろいろな面白いお話をお聞きすることができました。特に印象に残ったのは中央アジアの研修で訪問したアウトドア用品を作っているモンベルの社長のお話です。辰野社長が20代で会社を設立した時から、去年の東日本大震災の直後に被災地で行われた支援活動の話まで聞いて、とても感動しました。会社と社員に対する思いや、社会貢献への熱心な気持ちが伝わってきました。その後、中川産業、イズミヤ、近畿工業など、様々な分野の企業に訪問し、日本の企業や組織の仕組み、途上国への支援など、いろいろなことについて考えられるようになってきました。PREXのインターンシップは企業について知る何よりの場だったと感謝しています。


関西学院大学(シドニー大学交換留学生)/受入期間:2012年2月10日~3月9日