PREXスタッフのコラム
最新のコラム |  アーカイブ  |  RSS |  RDF
最新のコラム

研修員、空手道場の子供たちと交流

  
 大浜塾頭、大浜師範、稽古を終えた小学生の皆さんと記念撮影

2月22日の研修終了後、夕方からボスニア・ヘルツェゴビナの研修員と京橋の空手道場を見学しました。本道場で指導員を務める知人から、空手道を通じて日本の精神文化に触れてもらい国際交流につなげたいという話があり実現しました。二度目の来日である研修員のソルジャンさんは大の日本ファンですが、自国にも日本空手協会の加盟組織があることを知らされ、ますます日本への関心が深まったようです。
稽古中は大人顔負けの厳しい表情であった小学生の子供たちも、積極的に英語で話しかけ、「英語が通じた!」と大喜びでした。

公益社団法人 日本空手協会 京橋支部http://www.daitou-kensou.co.jp/karate/

銀座セカンドライフ株式会社で民間の創業支援サービスに学ぶ


  
 片桐社長の講義


2月29日、中小企業振興政策(B)研修で、「民間の創業支援ビジネス」というテーマで、東京の銀座セカンドライフ株式会社を初めて訪問しました。同社は、起業のためのレンタルオフィスに加え、法人設立や助成金活用のコンサルティング、ビジネスマッチングのための交流会など幅広いサービスをワンストップで提供されています。本研修では、途上国の行政官を対象に、日本の中小企業振興政策やさまざまな支援施策の事例を紹介しておりますが、国や自治体等の助成金を活用する企業側から見た情報へのアクセスや手続き面等の課題について、自らが会社を立ち上げた際の経験談も含め紹介していただきました。同社の事業は、メディアでも数多く紹介されていますが、「AERA」(朝日新聞出版4月2日(月)発売)に詳しく掲載されています。

 
 研修終了後、片桐社長を囲む研修員

(国際交流部 森本)
 
  
 

ベトナム行政官と関西企業との交流会を実施


  

2月28日から2回にわたって実施した「JICAベトナム都市整備システム(上下水道)の構築上級行政官研修」(関係機関:関経連)では、関経連の会員企業3社による技術紹介、研修員による質疑および企業と研修員が直接対話できる交流会のプログラムを2回実施しました。(3/8、22) 関西には水関係の技術を保有し、ベトナムを含む東南アジアへのビジネス展開を目指す企業が多くあります。本交流会への関心は高く日本側計28名の参加を得ました。ベトナム側は、中央及び地方政府の上級行政官計44名で日本企業のトンネルの掘削技術、下水処理技術、水質測定技術、止水技術等に関心が高く、活発な討議が行われました。今回の交流は、関西の水関係企業のベトナムでの事業拡大の契機となることが期待できる結果となりました。

(事務局次長・総務部長 尾上)
  
 

よろしくお願いします

[ 着 任 ] 浅沼 省吾…国際交流部 担当部長
2012年3月16日付/パナソニック(株)より出向

これまでは、公共・企業向の大型映像および業務用システムの営業や資材調達、情報システム、物流部門での企画・CSR等の仕事に携わってまいりました。担当業務を通じて多くのお客様や仕入れ先・パートナーの皆様と接することができましたが、これからPREXで海外の皆様への研修の企画や運営を通じ、新たな出会いと交流の機会が持てるのではないかとワクワクしています。どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました

[ 退 任 ] 竹澤 嘉雄…国際交流部 担当部長
2012年3月末付出向期間満了/パナソニック(株)より出向

2009年11月に着任し2年半、11件の訪日研修を担当させていただき137名の研修員と知り合うことができました。研修員のニーズに応える研修プログラムの構築には苦労もありましたが、全てが楽しい思い出です。また、研修を通じて数多くの中小企業の経営幹部、コンサルタント、大学の教授、JICA国際協力専門員と出会えたことは、私にとって新鮮な学びの連続であり、大変貴重な経験でした。途上国の人材育成支援に携わるPREXのような組織・活動が更に生成発展していくことを切に祈念いたします。どうもありがとうございました。