重慶市科学技術委員会:唐安明氏
唐安明
重慶市科学技術委員会 弁公室 主任
PREX重慶同窓会 副会長

手を携えての人材交流研修 地域経済の発展に寄与

2010年はPREX設立20周年にあたります。20年来,PREXは日本と途上国の交流協力促進に力を尽くし、相互理解を増進し、地域経済の発展に積極的な貢献を果たしました。

前世紀の1990年代初めより、重慶市はPREXと科学技術交流と協力を開始しました。私たちはお互いの長期に渡る粘り強い努力により、日中友好協力の木に、枝葉が繁り、果実がたわわに実っているのを嬉しく見ることができます。2000年にはPREX重慶同窓会が発足しましたが、PREX設立10周年の際には、重慶同窓会の前会長である竇瑞華先生が大阪に招待され、「西部大開発」のテーマで講演を行いました。この20年来、私たちは前後して10回余りの研修員を日本へ派遣しPREXが実施する研修に参加させ、PREXと大阪で中小企業比較研究を展開しました。関西電力、地球環境センター等企業や研究機関とも交流を行い、関西の自治体、企業、研究機関と幅広いネットワークを築きました。PREXも何度も我が市に専門家を派遣し企業や管理機関の人材育成を支援してくれました。重慶市の人材育成のために重要な支援をしてくれただけでなく、重慶が日本を理解し、相互理解を深め、友好を深める道筋を広げてくれました。現在、重慶同窓会の会員は100人を超え、その大部分は重慶市のそれぞれの業界において幹部になっています。

新しい歴史の起点に立ち、日中の民間の友好交流は双方人民に継続した幸福をもたらすだけでなく、双方の経済をともに発展させる上でも非常に重要な意義がある。重慶同窓会は今後もこれまでと同様にPREXと交流協力を実施します。私たちは、重慶同窓会とPREXとの交流を絶えず深め、科学技術を進化させ、人材研修が絶えず新しい成果を得、民間の交流と友好往来が絶えず新しい章に書き加えられること深く信じています。私たちはPREXとともに進み、友情を大切にし、発展のチャンスをともに享受し、手を携えて未来に挑戦し、アジア太平洋地域の経済社会の発展と繁栄のために共に努力を惜しみません。