地域別の研修内容

PREXで実施する研修の参加者は、世界各国に広がっています。地域別に研修内容をご覧いただけます。

研修員実績の詳細はこちらからご覧下さい。
各国からの研修員数実績(PDF)

サブカテゴリー

東アジア・南アジア地域
PREXは、設立当初より、「関経連アセアン経営研修」をはじめアジア諸国を対象に研修事業を実施してきました。中国、マレーシアインドネシア、ベトナム、マレーシア、タイ、フィリピン、モンゴル、ミャンマー、シンガポール、ラオス等では現地のニーズに応じた国別研修や現地でのセミナーも開催しています。中国を対象とした研修は、ここ数年関西の自治体と連携した環境をテーマとする研修が中心となっています。詳細はこちらをご覧下さい。
中央アジア・コーカサス地域
PREXは、1996年度より中央アジアからの研修員受入を開始しました。「中央アジア市場経済理解のためのマーケティングセミナー」は2004年まで実施し、81名が参加しました。2002年度以降は、現地日本センタービジネスコース修了者を「ビジネス実務研修」として受入れ、2006年度からは、中央アジアの民間団体の発展を目的とした「JICA経済団体強化研修」を継続的に実施してきました。2010年3月には「JICA研修フォローアップ事業」で帰国研修員の活動状況を把握するため現地を訪問しています。詳細はこちらをご覧下さい。
中東/欧州・ロシア地域
PREXでは、設立当初から市場経済化への移行を進めるポーランド、ロシア等を対象に経営管理コースや流通セミナーを実施してきました。1999年からはチェコスロバキア、2000年からはボスニアヘルツェゴビナ、中・東欧地域、2007年からは南東欧を対象に中小企業振興に関する研修を実施してきました。2008年からは「JICAシリア総合経営管理研修」や「JICA中東観光振興研修」を実施しています。
中南米地域
PREXでは、中米地域を対象に2006年度から「JICA中米・日本貿易振興のためのキャパシティ・ディベロップメント研修」を、2007年度から「JICA中米地域官民パートナーシップによる産業振興研修」を開始しました。2010年10月には「中米帰国研修員フォローアップ事業」で帰国研修員の活動状況を把握するため現地を訪問しています。 詳細はこちらをご覧下さい。
アフリカ地域
PREXでは、アフリカ地域を対象に2008年度から「JICAアフリカ地域モノづくり中小零細企業の生産性向上研修」を開始しました。本研修開始に当たっては、2009年10月に現地への事前調査(JICA)に参加し、現地の研修ニーズについて調査を行ないました。